国連と言えば大学、総会、そしてこんな公園もあるのです!

韓国プサン旅行の25回目は、【在韓国連記念公園】編です

前回プサン文化会館をご紹介した通り、こちらも全く行く予定がなかったですし、今回ほとんど迷い込んで入ったような施設です(~_~;)
プサン文化会館のすぐ下にある施設で、設置されたのは1951年。
国連の文書資料や写真、また、戦争の歴史などを学ぶことができます。

日本語のパンプレットはおいてありますが、基本的に資料の文字は英語と韓国語なので語学が苦手な人は雰囲気だけ見ていくことになります。
僕もこのパターンでした

記念館や資料館だけでなく綺麗に整備された公園には、各国の国旗が掲げられておりなんだか雄大でした
施設の中には「永遠に消えない炎」なるものや噴水、宇宙を模した池なんかもありました。

Fotor_150260824678176.jpg
20170716_135245204-768x432.jpg
20170716_135011921-432x768.jpg
20170716_135016864-432x768.jpg

僕は今回正門側からこの国連記念公園に入ったのですが、東門もあるようですね
下の写真は正門を入ってすぐにある「追慕館」です。
一見すると教会かななって思っておりましたのが、協会ではなく有名な建築家がデザインした建物でした。
でも、中の造りは完全に教会
中では、韓国戦争と国連記念公園に関するビデオ映像が流されていました

最後にこの公園の総括ですが、涼しい時期に行けば本当に散歩にちょうど良い施設と感じました
難しい資料が多かったので、学生さんなら修学旅行で来てもいいかもしれませんね。
この周辺は文化施設も多いことですし。
近くの「プサン博物館」の紹介はまた次回以降のブログで取り上げることにします

20170716_134751065-768x432.jpg
20170716_134903643-768x432.jpg
20170716_134847555-432x768.jpg
20170716_135050808-432x768.jpg

 

 




この記事の内容が面白いと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。