博多どんたく港祭り♬その2

前回に引き続き博多どんたくレポートです

博多どんたくは今から800年以上も前に始まった行事です。そのルーツは民族行事でもあ「博多松ばやし」というものらしいですが、これは馬に人が乗ってお面をかぶって街を練り歩くというものでした。
お面は恵比須様や福の神、大黒などの種類があります猫

今もそれになぞってこの馬乗りの行事をどんたくで見ることができまするんるん

まあ、現代は路上パフォーマンスやステージでのダンス、楽器演奏、総踊りの方メインになっているような気もしますが、良き伝統と現代の文化を上手くミックスさせた感じで個人的にとても楽しかったです

また日本だけでなく海外の衣装を着た人のパレードやダンスも路上で披露される所も国際交流で良い一面ではだいでしょうか黒ハート

 

Fotor_149381716332638

2枚目の写真に写っているアーチとステージは、市役所前のふれあい広場です

こちらはさすが天神の中心地でもあるので特に観覧客が多かったですあせあせ(飛び散る汗)

広場内には企業のPRブースや出店が出ており、ステージと一緒に楽しむことができます
右斜め上

こちらの写真でカラフルな乗り物が気になっていた方も多いと思いますが、これは「にしてつ花自動車」ですバス普通に天神の道路を入っていたので信号停車中にパシャリカメラ

このにしてつ花自動車は、造花とLED電球を使って装飾されておりどうんたくの風物詩ともなっています晴れ

 

Fotor_149381724038499

 

ある程度見て周ってホッとしていた夕方頃、なんだか雲行きが怪しくなってきました(ーー゛)
そして案の定豪雨が福岡市内を襲いました
この雨でなんと3年連続のどんたく中の雨となった模様です
一部のイベントも中止になったのはちょっぴり残念な気がしました。。。が夜には止んでよかったです

最後の写真は博多どんたくの夜の様子です!
夜20時ごろに天神を歩いていてもステージイベントが開催されていました。

 

Fotor_14938172116025

この記事の内容が面白いと思ったら、ソーシャルメディアで共有してね。